疲労と慢性疲労って何が違うの?その改善策はあるの?

「最近常に疲れが取れないんだよね。」

「休みの日はずっと寝てるけどまだだるいし調子が悪い…。」

ってよく耳にしますし、アナタ自身も一度は口にした事があるのでは無いかと思います。

ですが、これって結構危険なシグナルだという事を知っている方はまだまだ少ないのが日本の現状です。

この寝ても疲れが取れない=常に疲労感が残っているのは、単なる疲れとは異なる慢性疲労というものかも知れません。

名の通り、疲労が慢性化している事を指すのですがこれが意外と厄介でうつ病や心の病気、筋肉が固くなり様々な不調をもたらすと言われているのです。

そこまで言われると「私ももしかしたらそうかも知れない…。

」と怖くなってしまうかも知れません。

このサイトはそんな慢性疲労に関しての知識を深めて頂きたく設立したサイトなのです。

また、今から紹介させて頂くサイトにも慢性疲労とは何か?

初期症状、注意点と言った事を掲載していますので見るだけでも勉強になると思います。

始めに慢性疲労についての概要ですが、通常の疲れ(疲労)は疲労感を感じた時にだるさや集中力が低下したと感じる事はありますが気分転換に自分が心地よいと感じる事をする、または睡眠を取ると解消されます。

慢性疲労はそんな身体からの疲労のシグナルを無視し心身ともに身体を無理させ続けると起こります。

厳密に言えば脳を含む身体が「疲れているのに無視するから、わからせる為に機能を低下させよう!

」と信号を出すのです。

この信号の厄介なところは一度出すと中々解除できないのです。

その信号を出している脳も疲れてしまっているからとも言えます。

要な疲労の先にあるものが慢性疲労と理解して頂ければ分かりやすいかと思います。

更に専門的な見解についてはリンク先のサイトに掲載されています。

慢性疲労について詳しく調べる

「疲れた事はわかるけど、そんな事で仕事を中断出来ないよ!

」と思うかも知れません。

だから現代はストレスが溜まりやすいと言われており、心も身体も疲れきっている方が多いと言われているのです。